ただいま準備中.
名称

石見銀山遺跡とその文化的景観

種別 文化遺産 登録年 2007
登録理由 (ii)(iii)(v) Google Earthで見る
説明 島根県に存在する石見銀山は、戦国時代後期から江戸時代にかけて、銀鉱として栄えた世界有数の銀山。 現在は閉山しているが、最盛期には世界の銀の産出量の3分の1をも誇ったといわれる。

Wikipediaで調べる
イメージ

Google mapで見る世界遺産トップページへ