ただいま準備中.
名称

知床

種別 自然遺産 登録年 2005
登録理由 (viii)(x) Google Earthで見る
イメージ   
説明 北海道の東端にある海洋を含む知床半島一帯が世界自然遺産の登録対象となっている。 知床半島は中央部が山岳地帯、海岸は崖が連なっており、険しい地形のため人による開発を免れてきた。

冬はオホーツクから来る栄養分が豊富な流氷によって、魚介類、鳥類の生態系が形成され、さらにサケやマスが知床半島の川を遡上することでヒグマなどの餌になるなど、陸上と海洋が一体となった食物連鎖を形成している。
陸上と海洋が一体となって食物連鎖を形成していることも世界遺産登録の一つの大きな理由となっている。


Wikipediaで調べる
PR
知床 生キャラメル 北海道 アブラガニ

Google mapで見る世界遺産トップページへ